写真集

海外旅行と国内登山・写真集・思い出のこの一枚

写真集(思い出のこの一枚) - 海外旅行および国内登山

<その1 「海外旅行・思い出のこの一枚」>

URLをクリックすると写真を見ることができます。詳細の説明は以下の文章を読んでください(クリックは1回で。しばらく待つと写真が現れます)。
http://picasaweb.google.co.jp/yamazakijirou/GrmiVE?authkey=s2BEI3NSOXg#

1.スペイン

 2000年4月15日(土)-24日(月)、娘と二人で10日間、スペインの南部を巡った。
入国はマドリッド、出国はバルセロナ、フリーの旅である。切符や宿の手配、食事や買い物の時の会話は、一切、娘にまかせて、気楽に歩いた。

 成田-ロンドン経由-マドリッド3泊(日帰りのトレド観光を含む)-<バス(1,780 Pts。@0.62円)>-グラナダ1泊(「ホテル・ファンミゲル」@T10,700 Pts朝食なし)-<バス>-マドリッド-<飛行機(定期便プエンテ・アエレオに乗る。他の空路よりやや安く、14,140Pts)>-バルセロナ4泊(日帰りのモンセラット観光を含む。「ホテル・インターナショナル」@ツイン13,800 Pts朝食込み、2泊。「ホテル・グランビア」@シングル12,200 Pts朝食込み、2泊。宿はそのまちに到着してから取ったが、バルセロナではまちがお祭で宿が取れずに苦労した)。

写真1.モンセラート修道院
 修道院はバルセロナから60kmに位置し、全山が岩山のモンセラート山(標高1236m)の中腹(725m)にある。鉄道で行き、駅前からロープ・ウエイで修道院まで登った。写真の中央に小さく、黄色いゴンドラが写っている。
     

写真2.バルセロナ一望
 バルセロナ市内の丘に登って街を一望。このあと、グエル公園へ。

写真3.グラナダの小劇場「ロス・タラントス」のフラメンコ
 踊りの激しさに圧倒された。
 放浪の民、ジプシーがスペイン南部のアンダルシア地方に15世紀頃から住みつき、そこに伝わっていた舞踏音楽を彼ら流に作り変えたものだという。

 フラメンコショーはマドリッドやバルセロナでも見られるが、私達は古都・グラナダの「アルバイシンの丘」にある小さな劇場で見た。
アルバイシンの丘」はアルハンブラ宮殿と谷を一つ隔てたところにあり、アラブの王が統治し城塞都市として繁栄していた頃、王の家臣や商人が住んでいた丘である。狭い丘の斜面には、白壁の家がびっしりと建ちならび、細い道が迷路のように続く。窓には赤い花、白壁には陶器の絵皿が飾られている。そのいくつかはかっての王侯貴族の家という。

 この丘のジプシーの洞窟住居の中に舞台があった。「ロス・タラントス」、これがフラメンコショーの店の名前。30人も入れば満員になるような狭いところ。ダンサーは客から数mの目の前で踊る。
ショーは夜中の12時半から1時半まで。家族だろうか。おとな3人、子供2人が一人づつ,ソロで踊った。別に歌い手一人、ギターの弾き手一人。

 男女の若手の踊りはともにたいへん激しいもので、そのリズムと身のこなしには心を奪われた。ドレスをぐっとつまみ、靴をける。タッ,タッ,タッと強く床を打つ靴の音。体をひねりながら、一回転、また、一回転。その動きがこれ以上にはないほどに早く、激しくなる。人を圧倒する激しさ。ピークにまで盛り上がったあと、一瞬の静止。みごとに型が決まった。

また、中学生位の女の子の踊りもあった。可愛くて、しかもリズムにのって巧みでもあり、何枚も写真に撮った。
あっという間の1時間。

マドリッドあたりだと舞台は大型で現代風だが、ここはそれとは異なり、舞台は狭く、エキゾチックな雰囲気があり、たいへん気に入った。

2.北欧の旅
2002年の6月、娘と二人でノールウェイのフィヨルドとスウェーデンのストックホルムを巡る旅に出た。ツアーとは異なる気ままな旅であり、宿泊先も目的地に着いてから決めた。6年後の今でも沢山の出来事や風景を鮮明に思い出す。

写真4-5.リーセフィヨルドのプレーケストーレン(Preikestolen)
 
 プレーケストーレンはフィヨルドから垂直にそそり立つ四辺形の岩の塔。その高さは600mもある。頂上は一辺が約50mの広さ。

まずは、船でスタバンゲルからダウの港へ。ここから麓のロッジまでバスが出ているのだが、シーズン前なのでバスは途中までしか行かないとのこと。他にもロッジに行きたい観光客が数人。バスの運転手が親切で、バス会社に連絡をしてロッジまで行く許可を取ってくれた。

 ロッジから頂上までは約2時間の道のり。積み重なった岩の間をゆるやかに登る。一番悩まされたのは蚊の大群。手や顔を手ぬぐいで覆って歩いたが、結局、あちこちと刺され、数日間、かゆみが残った。頂上には約20人。景色は抜群。はるか遠くまでフィヨルドが広がる。二人とも、さすがに、平らな岩の端まで行って、600m下の海面を覗き込む勇気は無かった。2枚あるうちの1枚(5)は絵葉書。

写真6-9.ソグネフィヨルド

 北欧を訪れたら誰もが行く観光コース。気にいった写真を4枚紹介したい。

1)写真6.フロム鉄道
 自分では一番上手く撮れたと思っている写真。線路のポイント交換で列車が速度を緩めたときに、列車の窓から身を乗り出して撮った。



2)写真7.ソグネフィヨルドの玄関口・フロムの港
 海の緑の色がたいへん印象に残った。

Image06_2

3)写真8-9.フィヨルドの村
 フィヨルドの全景写真(9)と合わせて鑑賞されたい。岸には、おとぎ話に出てくるような村が点在していた。

Image07 Image12

写真10-11.オスロ・フログネル公園2枚
 有名な彫刻家グスタフ・ヴィーゲランが全体をデザインした公園。彼の作品が212体並んでいる。花崗岩のこの彫像はたくましくて、それでいて、とてもやさしそうだった。
 もう一枚は、公園で出会ったおばあちゃんと孫の写真。了解を取って撮影した。
Image03 Image13  

3.インド
1991年の8月、キリマンジャロ登山の行き帰りにそれぞれボンベイ(現ムンバイ)で1泊。バスで市内観光をし、また、登山ツアーで一緒になった人と二人でホテルの周辺を散策してみた。

写真12.ボンベイ(現ムンバイ)のまち
 泊った「セントール・ホテル」は超豪華だったが、まちは貧しい人で溢れており、これがインドか、とあらためて衝撃を受けた。ビルの壁に張り付いたビニール・シートの住まい。

Image04

 

<その2 「とっておきの1枚」-思い出の国内登山>(「私の山暦」より転載)

 ただし、原版はピントが合っていたが、フィルムが見つからず、写真を再度カメラで撮ってインプットしたので、ピンぼけになってしまった。残念。)

Finescan0013(視覚障害者登山。甲武信岳へ。雁坂峠にて)
027(視覚障害者登山。赤石岳-荒川岳)

Finescan000(視覚障害者登山。白神岳。左前方、日本海)

Finescan003(職場の女性方と。剣岳)

Finescan005            (視覚障害者登山。赤岳へ。前方は権現岳)

Finescan008             (職場の仲間と。利尻富士に登山後、礼文島にて)

Finescan009              (職場の人達と。礼文島にて)

Finescan011(職場の女性と。蓮華岳山頂。途中、こまくさの大群落あり)

Finescan013              (視覚障害者登山。北穂高)
Finescan019(視覚障害者登山。鳳凰三山。後方は八ヶ岳)

Finescan021(視覚障害者登山。鳳凰三山。前方は北岳-農鳥岳)

Finescan0021(視覚障害者登山。七面山)

Finescan0011(六つ星の仲間と。御嶽山)
046(ロッククライミング。小川山)

078(視覚障害者登山。奥多摩)

Finescan0032
Finescan001(視覚障害者登山。栂海新道縦走。朝日岳にて)

Finescan0022(視覚障害者登山。赤石岳-荒川岳)

Finescan010                (六つ星の仲間と。燕岳、こまくさ)
081(視覚障害者登山。奥穂高へ)

Finescan0042(視覚障害者登山。雲ノ平から三俣蓮華岳へ。はるか前方に、三俣蓮華小屋と槍ヶ岳。このあと、笠ヶ岳へ)

Finescan0003(槍ヶ岳)
136(ジャンダルムと焼岳)
                  Finescan015_2(視覚障害者登山。八ヶ岳・硫黄岳)

Finescan016(視覚障害者登山。八ヶ岳・硫黄岳)

Finescan0031(視覚障害者登山。奥鬼怒沼)

Finescan0061              (単独行。塩見岳)

Finescan0052(視覚障害者登山。劔沢-黒部下の廊下。八ツ峰遠望)

Finescan0051(視覚障害者登山。劔沢-黒部下の廊下)

Finescan0002(単独行。飯豊山縦走)

Finescan012(息子と長谷川さんと。燕-槍ケ岳)

Finescan007(中学時代。三つ峠。前列、左から二人目) 

Finescan002

 

042

(20歳代前半。小中高校が一緒の友人と。「上高地・涸沢へ」、「金峰山」)
Finescan004_3

Finescan005(入社1年目。職場の同期生と。「乾徳山」、「奥多摩」)

Finescan009Ba002_036Ba002_048

063Finescan008(職場の山仲間と)

(子供達と。由布院・由布岳)093

(左から:奥多摩、白馬山頂)
004009

085                    (妻と。北岳)

001                     (息子と。槍ケ岳)


・「高さで日本のベストテンの山にすべてに登りたい」「是非に」と全盲の島倉さん(登山時、75歳前後)から頼まれて、主に山のベテランの網干さんと一緒にサポートをして、富士山北岳奥穂高槍が岳北穂、悪沢岳赤石岳などに登った。
Finescan011
(背景は赤石岳。右:北岳)

・全盲の宮本さん(私より12歳若くて脚力が強い)を上手さん(晴眼の女性)とサポートして、酉谷山(奥多摩)、甲武信岳、悪沢岳赤石岳栂海新道(朝日岳-犬ヶ岳-親不知海岸)などに出かけた。

Finescan002(栂海新道、犬ヶ岳)

| | コメント (0)